教育の2020年問題で大きく変わる

教育の2020年問題で大きく変わる 近年、教育の2020年問題という言葉を見かけることが多くなっていいます。この2020年問題というのはわかりやすく言えば2020年に高等学校と大学での教育、試験内容が大きく変わるということです。これにより大学入試の方法が大きく変わり、該当する生徒は早めの対策を望ましいといえるでしょう。

具体的な変更のひとつとして、大学入試のセンター試験が大きく変わります。センター試験はかっては共通一次試験という名で行われていましたが、現在はセンター試験に名をかえ、2020年の1月を最後に廃止されるようです。それに変更する形で2020年より高校基礎学力テストとして新形式でのテストと大学入学希望者学力評価テストが実施されます。大学入学希望者テストは年1回のセンター試験とは違い年に複数回実施することが検討されており、テストの結果を大学の願書と同時に提出し、各大学の個別試験や調査書などを吟味したうえで合否判定を下します。

関連サイト

Copyright (C)2019教育の2020年問題で大きく変わる.All rights reserved.