思春期の子供を教育するポイント

教育の2020年問題で大きく変わる 思春期の子供の教育で大切なことに関して、思春期に差し掛かる小学校中学年・高学年から、幼少期の頃の子供の様子とは変わってくることがあります。それに伴って親子間のコミュニケーションも変化してくることが多いです。思春期の子供とのコミュニケーションに不安や戸惑いを感じる親は少なくないですね。目的としては、自立した社会人にするための一環となってるので、自分の力で進もうとする意志と、自己肯定感を子供が持てるように教育を行なうことです。10年程度の子供はまだ未熟さがあり、どうしても親は子供に対して過保護や過干渉、否定的になりがちなので、子供が自主性と自己肯定感を持つことにつながる言動を親は取ることを心がけることです。子供が成長する上で大切なのは、親子間に信頼があるということです。そして、信頼し合うために重要なことは、親子間で双方向性があって互いの意見や立場を尊重し合う関係になることが必要なのですが、思春期になると、子供に発生した難しい問題から親が逃げたり、親子間の関係がギクシャクしたり、会話が断絶したりしがちになります。ですので、親子間での信頼感を醸成し、難局には互いに協力し合う関係につながるための言動を親は取ることが大切です。

近年の教育環境やコミュニティーを見ると、子供が社会と接する機会が少なくなっており、机上の論理や供花的知識だけをもって社会に放り出される子供が多いのが現状となってます。ですので、親が子供と社会の架け橋になるための言動がとても重要になってきます。大人になることに魅力を感じている子供は、幸せな人生を送れるようになります。大人になることに魅力を感じ、親自身に基軸があり、家庭を大切にし、笑顔のある生活を送ることが出来ます。しかし、長期的視点を持てず目先のことや世間体に左右されたり、家庭を軽視したり、イライラした日々を過ごしている親も少なくないです。

関連サイト

Copyright (C)2019教育の2020年問題で大きく変わる.All rights reserved.