現代におけるキャリア教育

教育の2020年問題で大きく変わる 以前であれば、子どもの進路選択は出発地点にさえきちんと乗せてあげれば問題ないという時代でした。子どもに最終的にどこにたどり着きたいのかを明確にさせ、その希望に沿った目的地にたどり着けるように、正しいレールに乗せて頑張ってねと声をかければ親や教育者の役目は果たされていました。そのため、先生は子どもが正しい進路を選べるよう指導し、卒業させることにエネルギーを注ぎ、卒業までに進路を決定させることが重要な仕事でした。

しかし、今はレールではなく道を走っている自動車の時代です。自分で正確な運転をしなければ事故になり、スピードも速く、前後左右に目を配ってなければどこから突っ込んでくるかもわからないという状況の中、自分自身の力で目的地まで辿りつく必要があります。そのため、子どもをスタート時点から送り出せば十分というわけにはいかない時代です。進路指導のほかに、卒業後、自分の力でやっていける力を身につけさせる教育が必要です。

関連サイト

Copyright (C)2019教育の2020年問題で大きく変わる.All rights reserved.